PDF版はこちら

高潮から身を守ろう


高潮イラスト高潮ってなに?

台風や発達した低気圧が通過するとき、潮位が大きく上昇することがあり、これを「高潮」といいます。
高潮は、主に以下の2つのことが原因となって起こります。


A吸い上げ効果
台風や低気圧の中心では気圧が周辺より低いため、気圧の高い周辺の空気は海水を押し下げ、中心付近の空気が海水を吸い上げるように作用する結果、海面が上昇します。

B吹き寄せ効果
台風や低気圧に伴う強い風が沖から海岸に向かって吹くと、海水は海岸に吹き寄せられ、海岸付近の海面が上昇します。 また遠浅の海や、風が吹いてくる方向に開いた湾の場合、地形が海面上昇を助長させるように働き、特に潮位が高くなります。




 

ライン1


高潮時に危険な場所ってどんなところ?

湾奥部
湾奥
海水が湾奥に集まるので、湾内の水位が上がります。
イラスト
海岸付近の低地
ゼロメートル地帯など海岸付近の低地では、高潮による浸水被害を被る危険性が高くなります。
イラスト













河口部

高潮と洪水の両方の危険が重なります。
イラスト
自然地形
V字谷など
波の集中が起こりやすく、局所的に水位が上がります。
イラスト

急深な海底地形
波が海岸部で急激に高くなります。
イラスト


ライン1


高潮に関する情報に注意する


高潮注意報・警報・特別警報

高潮に警戒すべき時間帯、ピーク時の最大潮位とその時刻が発表されます。
情報を入手するには、こちらの「防災情報の入手方法」の項目をご覧ください。

高潮特別警報 高潮特別警報は、数十年に一度の強さの台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される場合に発表します。
高潮警報 高潮警報は、台風や低気圧等による異常な海面の上昇により重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。
高潮注意報 高潮注意報は、台風や低気圧等による異常な海面の上昇により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 



チェック「避難行動」は自然災害から「命を守るための行動」

戻る 目次へ 次へ