PDF版はこちら

土砂災害から身を守ろう


土砂災害ってなに?

山やがけの土砂(土や砂、石などのこと)がくずれたり、くずれた土砂が雨水や川の水とまじって流れてきたりすることによって、家や道路や田畑が土砂でうまったり、人命がうばわれたりする災害を土砂災害と呼んでいます。
土砂災害は、発生のしくみや土砂の動き方から、大きく「土石流(どせきりゅう)」「地すべり」「がけ崩れ」の3つに分類することができます。土砂災害の多くは、大雨や雪どけ、火山の活動や地震などがきっかけで起こります。


土石流・地すべり・がけ崩れ


イラスト土石流から逃げるには

土石流は、大きな岩を先頭に、町の中を走る自動車と同じくらいのスピード(時速40~50キロメートル)で、谷をけずりながら流れ下るので、流れる方向(下向き)に逃げたのでは、追いつかれてしまいます。すぐに川から離れて、高いところに逃げるようにしましょう。




 

 

 

 

 



ライン1


土砂災害のおそれがある場所ってどんな所?


土砂災害危険箇所
土砂災害が発生するおそれのある箇所で、「土石流危険渓流」、「地すべり危険箇所」、「急傾斜地崩壊危険箇所」に分けられます。

 

土砂災害警戒区域等
土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づき、土砂災害危険箇所で詳細な調査(基礎調査)を行い、土砂災害が発生するおそれのある区域を指定したものです。

 

土砂災害警戒区域(法第6条)




土砂災害警戒区域の指定基準



土砂災害警戒区域に指定されたら?

イラスト警戒避難体制の整備

1.市町村地域防災計画への記載  
2.社会福祉施設、学校、医療施設等の利用者のための警戒避難体制
3.土砂災害ハザードマップによる住民への周知










 

 

 



 

 





土砂災害特別警戒区域に指定されたら?

1.特定開発行為に対する許可制       2.建築物の構造の規制       3.建築物の移転等の勧告及び支援措置

イラストイラストイラスト










 

 

 









ライン1


こんな変化に注意

土石流の前ぶれ


イラスト
川の中でゴロゴロという音がしたり、火花が見えたりする。


イラスト
川の水がにごり、水といっしょに倒れた木が流れてくる。


イラスト
山全体がうなっているような音がしたり、地震のようにふるえたり、異常なにおいがする。


イラスト
雨は降り続いているのに川の水が減る。



地すべりの前ぶれ


イラスト
池の水がにごったり急に増えたり減ったりする。



風もないのに山の木がザワザワする。木がさける音や木の根が切れる音がする。地鳴りや山鳴りがする。


イラスト
わき水が増える。


イラスト
地面にひびわれや段差ができる。



がけ崩れの前ぶれ


イラスト
がけから小石がパラパラ落ちてくる。



イラスト
がけの上の木がゆれたり傾いたりする。地鳴りがする。



イラスト
がけから急に水がわき出る。
わき水の量が急に増えたり、
ふき出したり急に止まったりする。
水がにごる 。


イラスト
がけにひびわれができる。
がけがふくらむ。


 

ライン1


土砂災害から身を守るための3つのポイント


① 住んでいる場所を確認する
「土砂災害ハザードマップ」などを参考に、土砂災害のおそれのある場所をあらかじめ把握しておきましょう。
早めに避難を行うためにも、どこへどのルートで避難したらよいか、事前に確認しておきましょう。



「岡山県防災マップ」の活用 http://www.gis.pref.okayama.jp/bousai/
○県内各市町村のハザードマップ一覧が確認できます。
○郵便番号、住所または地図上から災害ごとの危険度情報を確認できます。

岡山県防災マップ
おかやま全県統合型GIS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 






 

 



② 雨が降り出したら「土砂災害警戒情報」に注意する
土砂災害が発生する多くの場合は「土砂災害警戒情報」が発表されています。雨が降り出したら、防災気象情報(大雨注意報・警報、土砂災害警戒情報等)に注意しましょう。


土砂災害警戒情報とは

大雨警報(土砂災害)発表中に土砂災害のおそれが高まったとき、市町村長が避難勧告を発令する際の判断や住民の自主避難の参考となるよう、県と地方気象台が共同で発表する防災気象情報です。
「土砂災害警戒情報」の入手方法については、こちらの「防災情報の入手方法」でご確認ください。
また、気象庁ホームページでも「防災情報」の「土砂災害警戒情報」で公開しています。



「土砂災害危険度情報」の活用

「土砂災害警戒情報」を補足する情報として、地域の詳細な土砂災害発生の危険性をメッシュの着色表示により、インターネットを通じてお知らせする情報です。
http://www.d-keikai.bousai.pref.okayama.jp/pc/


「土砂災害危険度情報」の活用

「土砂災害危険度情報」の活用

土砂災害危険度の見方
土砂災害危険度の見方







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






関係する気象警報・注意報

大雨特別警報 大雨特別警報は、台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合に発表します。大雨特別警報が発表された場合、浸水や土砂災害などの重大な災害が発生するおそれが著しく大きい状況が予想されます。雨がやんでも、重大な土砂災害などのおそれが著しく大きい場合は、発表を継続します。
大雨警報 大雨警報は、大雨による重大な災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。対象となる重大な災害として、重大な浸水災害や重大な土砂災害などがあげられます。雨がやんでも、重大な土砂災害などのおそれが残っている場合は、発表を継続します。
大雨注意報 大雨注意報は、大雨による災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。対象となる災害として、浸水災害や土砂災害などがあげられます。雨がやんでも、土砂災害などのおそれが残っている場合は、発表を継続します。





イラスト危険な箇所に住んでいる方は、「土砂災害警戒情報」が出たら早めに近くの安全な場所に避難しましょう。
また、土砂災害の多くは一階で被災しています。
豪雨などでどうしても避難場所への移動が困難なときは、次善の策として、近くの頑丈な建物の二階以上に緊急避難したり、それも難しい場合は家の中でより安全な場所(例えば、がけから離れた部屋や二階)に避難しましょう。

チェック「避難行動」は自然災害から「命を守るための行動」

 


「記録的短時間大雨情報」が出されたら、一つ上の避難行動を

「記録的短時間大雨情報」とは、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測(地上の雨量計による観測)したり、解析(気象レーダーと地上の雨量計を組み合わせた分析)したときに発表される情報です。入手方法は、「防災情報の入手方法」の項目をご覧ください。

「記録的短時間大雨情報」が出されたら、
一つ上の避難行動を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






戻る 目次へ 次へ