PDF版はこちら

「避難行動」は自然災害から「命を守るための行動」

災害から命を守る上では、「身近にどのような危険があるのか」をよく知り、「いざというとき」にどのように行動するか、できるだけ具体的に考え、あらかじめ決めておくことが大切です。次の1~4までを確認し、5の災害・避難カードにまとめてみましょう。

ライン1

災害危険箇所を確認する家族1 ハザードマップで地域の災害危険箇所を確認する。

地震、津波、洪水、土砂災害など、住んでいる地域の災害危険箇所をハザードマップで確認しておきましょう。
ハザードマップは市町村役場に問い合わせて入手するか、市町村のホームページで確認してください。

ハザードマップ岡山県防災マップ
http://www.gis.pref.okayama.jp/bousai/

○県内各市町村のハザードマップ一覧が確認できます。
○郵便番号、住所または地図上から災害ごとの危険度情報を確認できます。






ライン1

2 災害種別ごとの避難行動を確認する。

災害種別ごとの避難行動を確認する。いざというときの避難行動には、「立ち退き避難」と「屋内安全確保」があります。
●立ち退き避難・・・自宅等から指定緊急避難場所やその他の安全な場所へ移動する避難行動
●屋内安全確保・・・自宅等の建物内に留まり、安全を確保する避難行動
どちらの避難行動がより安全なのか、ハザードマップを参考に確認しておきましょう。

水害の場合に、屋内安全確保もありうる場合の例

・短時間で局地的な大雨
 →下水道や側溝が溢れ、浸水する場合もあるが、局所的に浸水している箇所に近づかなければ、命を脅かす危険性はない。
・中小河川の氾濫で浸水の深さが浅い地域
・浸水の深さが浅い内水氾濫(大雨による増水などで排水が追いつかずに発生する氾濫)





ライン1

立ち退き避難が必要な場合は、避難場所や避難経路を確認する。
3 立ち退き避難が必要な場合は、避難場所や避難経路を確認する。

立ち退き避難が必要な場合は、いざというときにどのように立ち退き避難するか、避難場所や避難経路について、ハザードマップや地域の防災訓練等で確認しておきましょう。

 災害種別ごとに注視する情報は、「津波」、「土砂災害」、「洪水害」、「高潮」の各項目でチェック!

 

 

 

 

●皆さんのまちで発令される避難情報

●皆さんのまちで発令される避難情報表

※津波災害は、危険地域からの一刻も早い避難が必要であることから、「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」は
 発令せず、基本的には、「避難指示(緊急)」のみを発令する。


避難勧告等の対象とする避難行動については、次の全ての行動を含みます。
 立ち退き避難
 ①指定緊急避難場所への移動
 ②(自宅等から移動しての)安全な場所への移動(公園、親戚や友人の家等)
 ③近隣の高い建物等への移動

 屋内安全確保
 建物内の安全な場所での待避

ライン1

5 災害・避難カードを作成する。

災害・避難カード作成イラスト災害時に悩むことなく、あらかじめ定めた避難行動を取れるようにすることが必要です。
水害、土砂災害、高潮、津波の災害種別ごとに立ち退き避難の必要性、立ち退き避難する場合の場所を、住所・建物毎に記入しておきましょう。

 

 

 

 

住所

災害・避難カード

 

災害・避難カード記入例

ライン1

イラスト5 災害・避難カードを作成する。

危険な状況のなかでの避難はできるだけ避け、安全の確保を第一に考えます。危険が切迫している場合は、命を守るために最低限必要な行動をとってください。

例えば
●夜間や激しい降雨で避難路上の危険個所がわかりにくい
●流れがあり、ひざ上まで浸水している(50センチ以上)
●浸水は20センチ程度だが、水の流れる速度が速い
●浸水は10センチ程度だが、用水路などの位置が不明で転落のおそれがある


命を守るために最低限必要な行動
屋外への移動は危険です。浸水による建物倒壊の危険がないと判断される場合には、屋内の2階以上(土砂災害の場合は、斜面と反対側の部屋)へ緊急的に一時避難し、救助を待つことも検討してください。

目次へ 次へ